SBC湘南美容外科クリニック福島院美容外科美容皮膚科

当院の二重・二重整形

お悩みから探す

二重術の料金はこちら
二重術の料金はこちら
二重術の料金はこちら
二重術の料金はこちら
二重術の料金はこちら

理想のタイプから選ぶ

可愛い系
特徴・ポイント
  • 丸く、ぱっちりとしている
  • タレ目優しい印象
  • 二重のラインが平行型
  • 二重の幅が広め
綺麗系
特徴・ポイント
  • 切れ長
  • 二重のラインが末広型
  • 目尻側が少し上がっている
  • クールな印象
二重術の料金はこちら

施術の目的で選ぶ

施術の目的で選ぶ

二重手術には、メスを使用して切開を行う切開法と、糸をまぶたに埋め込む埋没法という方法があります。特に切開の必要がない埋没法が手軽さや安心感から人気となっています。さらに、近年では二重手術の技術進歩により、心臓外科手術に使われる極細の糸を使用した二重手術も提供しております。この糸を使用した埋没法では、柔らかい組織にもなじむため、お子様でも安全に施術を受けることが可能です。

切らない施術と切る施術の違い(二重術)

切らない施術(埋没法)
当院の切らない施術とは、埋没法のことを言います。
埋没法とは、メスを使わずに短時間で二重まぶたにすることができる二重術です。二重専用のH・I針と、髪の毛よりも細い医療用の糸を使用し手術を行います。細くてしなやかなため切れる可能性は少なく生体との反応も安定している糸です。二重のラインとなる皮膚の部分をまぶたの内側から留めるだけなので、傷も見えず、抜糸の必要もありません。
手軽ではありますが、希望する二重のラインやまぶたの脂肪の厚みなどで糸を留める場所などが微妙に変わってきます。当院では、事前に希望のラインを丁寧にカウンセリングと診療を行った上で手術を行っています。
切る施術(切開法)
当院の切る施術とは、切開法のことを言います。
切開法とは、しっかりと深い二重ラインを、半永久的に残すことができます。埋没法では二重のラインが取れてしまったり薄くなってしまう方、また濃いラインを一生残したいという方におすすめです。ただし腫れは2週間程度続くので、その部分は事前に話し合った上で手術時期など確定しましょう。
実際の施術では、カウンセリングの際に二重にするラインを確定した上でその部分に沿って切開します。場合によっては腫れの原因となる脂肪も取り除くことも可能です。

その他の施術

目元形成
目元形成とは、目のまわりや眉の下を切開し、目の形を整える施術のことです。
腫れぼったい目や皮膚のたるみが気になる方や、切れ長の目にしたい方などにおすすめの施術です。
また、目元形成には視野が広くなる効果もあります。
眼瞼下垂
眼瞼下垂は、眼瞼挙筋という筋肉の働きが弱いために上まぶた(上眼瞼)が下がっている症状です。
また、上まぶたが下がることから黒目が見えにくい状態になり、一般的に眠たそうな目をしている、目力が弱いとみられがちになります。目力を強くしたい方や、眠たそうに見える目にお悩みの方にはおすすめの施術です。
目の下の切らないたるみ取り
目の下の切らないたるみ取りとは、目の下のふくらみ(脂肪)やくぼみを取り除き、目元を若々しく見せる施術です。
切らない二重術(埋没法)
極細の糸をまぶたに埋め込む方法です。腫れが少なく、アイプチ感覚でできます。
切る二重術(切開法)
まぶたを切開したラインで二重を作ります。同時に余分な皮膚や脂肪を取り除くことができます。
目元形成
目のまわりや眉の下を切開し、目の形を整えます。視野が広くなる効果もあります。
眼瞼下垂
まぶたを引き上げる力を強くして、眼瞼下垂やそれにともなう頭痛・肩こりを解消します。
たるみとり
目の下のふくらみ(脂肪)やくぼみを取り除くことで、目元を若々しくします。

使用する糸の種類

湘南美容外科クリニックでは、施術の種類によって、使用する糸を厳選し、使い分けています。
それぞれの糸の特徴と、それによって得られる効果を最大限に生かし、患者様のご希望の二重の形にお答えします。
それぞれの糸の特徴については、以下をご覧ください。
湘南美容外科 独自の糸
当院オリジナル用に開発された湘南美容外科独自の糸を使用します。
もともと血管の手術に使用されていた糸であるため、極めて細く、体内で分解されないのが特長です。二重が長く保たれ、また伸びる糸なので糸の結び目が小さくすみ糸が目立たず自然な二重にすることが可能です。
医療用縫合糸
ナチュラルベーシック法などでは、 極細の医療用縫合糸を使用します。
腫れにくく、二重が取れにくい特殊な技術を可能にしています。

片目に留める糸の数と場所

片目に留める糸の数
完全埋没法の場合、片方のまぶたに留める糸の数は、まぶたの厚みや脂肪の量によって異なります。
手術前のカウンセリングで、患者様のまぶたのタイプと、ご希望の二重の状態とを照らし合わせながら糸の数を決めていきます。

まぶたのタイプと必要となる糸の数については、左の図をご参照ください 。
糸を留める場所 瞼板
瞼板に糸を留める美容外科手術の一般的な埋没方法。
メリットは手術時間の短さです。誰でも手術は怖いもの。それなら早く終わってほしい、という方におすすめです。
糸を留める場所 挙筋
挙筋に糸を通すため、糸が角膜に接触しない埋没方式です。
メリットは術直後のツッパリ感や腫れの少なさです。
糸が瞼の中に完全に埋没するため眼球を傷つける心配がありません。
クリニック案内

TEL:0120-979-430福島県福島市栄町6-1
メディアシティエスタ4階
・JR福島駅 徒歩約1分

駐車場は初診のお客様に限り
最大1時間まで当院で負担致します。
※詳細はスタッフまでお問合せください
お車でお越しの方へ

SNS ACCOUNTS
MENU